2019年05月28日

ミルクティー色のにゃん着画!その2

猫用エリザベスカラーお買い上げのk様より着用写真いただきました!

201905_m_kkt.jpg

やさしい毛色がかわいいチャコちゃんはもと迷い猫の女の子、12-13歳くらいだそうです。
ほわっとした雰囲気がかわいいミルクティー色&白の毛色に北欧系のくすんだピンクはほんとうに品が良くてよく似合います!

我が家のさらちゃんと体の感じが似ているなあ、年が近いのかな?と思ったのですが、チャコちゃんのほうがずっとヤングでした!
が、チャコちゃんは腎臓の影響でカラーをしていないと体を掻いてしまうそうで、さらちゃんも腎不全歴が長いので、それで体つきが似ているのかなと思いました。
これまでは病院のカラーをしておられたそうで、あのプラのカラーはいかにも療養中…という雰囲気になりますし、なにより体の小さい子にはとても重たいので、お写真からもわかる付け心地のよさそうなようすにほっといたします。
よくお世話していただいてしあわせなのでしょうね〜。ほんとにいいお顔で寝ています。
食欲もあるとのこと、これから猫にも人間にも厳しい暑さがやってきそうですが、元気にすごしてほしいです!
k様ありがとうございました。お大事になさってくださいね!

***
同じく、腎臓のわるいさらちゃん20歳はあいかわらず猫服装着なのですが、たまにはハダカネコの天日干し。

DSC_2022.JPG

さらちゃんは腎不全の輸液のための針あとを気にして傷になるまでなめ壊してしまうので、2014年くらいからずっと猫服です。カラーをしていた時期もあったのですが(そもそも猫用エリザベスカラーはそのために開発したものです)どうにもカラーが嫌いなようで、逆に服はまったく嫌がる様子がないので今に至るまで服をきています。
なので、こうしてたま〜に服を脱がすと、キャッ!ハダカネコだわ!という気分になってしまいます。
猫はそもそもハダカなんですけど!
このあと案の定毛づくろいをしまくって毛玉を吐いていました。

実は三月に胆管がつまりかけ、4月に黄疸が出てしまい治療中です。ステロイド中心の投薬治療で5月になって黄疸はいま消えているのですが、食欲がだいぶ落ちて体重が3.5s→3.2sまで減ってしまっています。
さらちゃんは頭が小さいのと、ふだん服きているので、そんなにやせたなあーという感じはしないんですが、服を脱がすとやっぱりやせたなあーと思います。
あまり食べない日はキドナをシリンジ給仕して、一日100kcal以上を確保してどうにかこれ以上落ちないようにしているところです。

5月なのにすごく暑い日が続いたのですが、さらちゃんは気圧過敏猫なので、あついより雨で低気圧のほうがぐったりしてしまうんですよね。昨日おとといはむしろ食欲が出ていっぱい食べてくれました。
エアコンもうまく使いつつ、暑さと梅雨とをのりきりたいところです。

posted by アズミ at 08:20| Comment(0) | 猫グッズ着画

2019年03月04日

ミルクティー色のにゃん着画!

猫用エリザベスカラーお買い上げのs様より着用写真いただきました!

201903_c_skr.jpg

なっちゃん3歳は舐めこわしの癖があり、一度は治ったものの再発してしまったとのことで、ソフトなものをお探しだったそうです。
ミルクティー色の毛色に北欧系のニュアンスのあるピンクがとてもよくお似合いでとてもかわいいです!

なっちゃんには保護服やカラーをいろいろお試しになられたそうですが、マジックテープのものは着脱の音で逃げてしまうとのことで、付け外しの音がしないこちらは装着しやすかったとのこと。このカラーを制作したときも、我が家のさらちゃんが病院カラーの金属スナップの音にびくついてかわいそうで、音のしないものを…と考えたので、音に敏感な子のお役にたててうれしいです。

ソフトなものでもカラーはやはり不機嫌だそうですが(お写真の表情が物語っている^^;)、ご飯も食べ、やんちゃもされているそうで、普段通りお過ごしになれているようでよかったです。
舐め壊し対策はほんとうに長いたたかいになるかと思いますが、すこしでもよくなる手助けができればと思います。

s様ありがとうございました!どうぞお大事になさってくださいね。

***
我が家の舐め壊しチャンピオンさらちゃんは、しばらく前から足つき服が脱げなくなっています。
慢性腎不全で輸液6年目に入ったさらちゃんは、食物アレルギーによる掻き癖のほかに、輸液の針の刺激にとても過敏で、輸液をすると針をさしたあとを傷になるまでなめてしまってかさぶたに…ということがよくあります。
進行にしたがって輸液の頻度があがり、2日に一度になったころから、舐めハゲの作り方も激しくなり、それまでは脚は覆わないニャンピースで針をさす背中から尻尾のつけねまでをカバーしていたのですが、ニャンピースは下半身がスカートなので、くるくる回ってめくりあげる方法を学んでしまい、気が付けばひどいかさぶたになっていたのがこの冬。
急遽めくれない足つきオールインニャンを作ってしばらく平和だったのですが、かさぶたが治るころには腰から尻尾のつけねの背骨あたりが服でこすれて薄毛になってきてしまいました。これはさらちゃんが以前できものを取った傷あとがそこにあるせいもありますが、オールインニャンの弊害です。
でもニャンピースに戻したら、三日とたたずにハゲだらけ…
というわけで、薄毛には目をつぶってニャンピース生活をしています。服生活が長いので、引っ張られてこすれる首のところも薄毛になってますし、ごくまれに朝起きてハダカネコになっていることがありますが、かさぶただらけになるよりましかなと思って目をつぶっている次第です。

さらちゃんは他に食物アレルギーもあって、ごはんによってかゆくなって傷になるほど掻いてしまうこともあるので、そのたびにごはんをかゆくならないものに変えているんですが、しだいにかゆみが出ないものが減り、いまや腎不全の療法食で食べられるものは今ののほかにはあと1種類のドライしかありません。
老齢なので、食べられる療法食がなくなってしまうのとどちらが早いのかなと、時々シビアなことを考えたりもします。手作りするしかなくなったらそうするのですが、必要な栄養をまんべんなく取るのは人間でもたいへんなので、できれば療法食を長く食べていられるといいんですが。

ケガなども大変ですが、アレルギーですとか癖というものは、こうすれば治るっていうのがなかなか見つからない分猫ちゃんも飼い主さんもたいへんだと思います。
せめて、かゆみをおさえることができる安全な薬などがあればなと思います。獣医療の進歩に期待です。
posted by アズミ at 12:58| Comment(0) | 猫グッズ着画

2019年03月01日

ハチワレ(?)にゃん着画!

猫用エリザベスカラーお買い上げのu様から着用画像いただきました!

caccf3b0b1d83558d09ad0b20adddf4c_583x585.jpg

しょうちゃんは標準体型の2歳の男の子、白キジっぽい見事なハチワレが珍しくもかわいいです。そして、まあ見てくださいこのなんとも言えない表情!
ちょっと和風な背景としょうちゃんの表情とカラーの柄が絶妙すぎるコラボレーションです。
お写真いただいたとき、かわいくて愉快で笑ってしまったのですが、u様も笑ってしまったし、お友達も大絶賛だったとのこと。「なんじゃこりゃ…」的な表情がなんともいえない味です。

半野良ちゃんで、事故にあったらしく脚を引きずってきたので保護したところ骨折されていたそうで、長い治療になるかと思いますが、まだとても若いので早期に回復するのではないかな? と思います。

0316d4891a391fb1683dd499c9decf3c_583x585.jpg

骨折してしまっててもがんばって歩いてる姿、安心しますね。u様の愛情たっぷりなお世話のもとに、早く回復されることを願っています!
u様ありがとうございました。お大事になさってくださいね。

***

修繕工事の足場がやっと取れました!

Dz-c9WmVAAAloJa.jpg

さっそく日なたぼっこです。猫on湯たんぽon猫ベッド。
冬の間は午前中のみじかい時間しか日があたらないのですが、日光浴が必要なのが自分でもわかるのか、工事用のメッシュシートが外れて日がさしてきたら窓際まっしぐらです。
とはいえ、窓際はまだ空気が冷たいです。早く暖かくなってほしいものです。

すっかり湯たんぽ猫なので、暖かくなったらどうするんだろう?と思いますが。
朝から晩まで充電しては使っているので、4か月くらいしかたっていないのにだんだん湯たんぽがくたびれてきました。1300円くらいで買ったので、十分もとはとっていますけども…

2日にいっぺんの輸液は200ccで、輸液そのものをあっためてから入れても、体温より低い液体を大量に入れるのでどうしても体が冷えてしまうようなんですね。なので、輸液のときも湯たんぽをあっためてその上に座らせて輸液するようにしたら、あたたかくて気持ちがいいのか全然暴れなくなりました。
そういう意味でも、良いんですが…ほんと、要らない気温になったらどうしよう〜。いまのところ、さらちゃんの機嫌は湯たんぽの温度に比例しています。

ごはんは相変わらず食べたり食べなかったり。
寝ていることが多いので、へたすると朝おきてご飯を食べてから夕方までずっと寝ていることも。そういうとき、お腹が空っぽの状態でご飯を食べてお水を飲むと高確率で吐き戻してしまいます。
一度やると、そのあと何度か少し食べても受け付けないみたいで出しちゃう…長時間空っぽの状態に急にカリカリだからかな? と思い、ずっと寝ているときは途中で起こしてキドナ液をすこし舐めさせることに。
そうすると、胃も落ち着くようで、しかも食欲を刺激されるようで、吐かずに食べてくれます。うまくいかないときもありますが、さらちゃんはちゅ〜るよりキドナのほうが好きなようで、砕いて混ぜれば薬も舐めてくれるし。ずっとキドナを好きでいてほしい(笑)
posted by アズミ at 09:08| Comment(0) | 猫グッズ着画

2019年02月06日

長毛にゃん着画!

猫用エリザベスカラーお買い上げのM様から着用画像をいただきました!

201901_m_tkuc.jpg

高いところで心をおちつけている雰囲気のうみちゃんは6歳、3sとのこと。
毛がふさふさなのでお写真いただいたときには大型の猫ちゃんかなと思いましたので、体重をうかがってびっくりしました!
とても毛並みがよくおひげも立派で、深緑の唐草もようがよくお似合いです。
天井にちかいところにいるようにお見受けできるお写真で、カラーをつけたままここまで自分で上れたのなら、なかなか快適なエリカラ生活を送っていただけるのではないかなと思います。
m様ありがとうございました! どうぞお大事になさってくださいね。

---
さらちゃんは輸液の針あとをますます気にするようになってしまい、年末からオールインニャンを着ています。

DtylG4yVsAAfNFm.jpg

足つきしっぽのつけねまでカバーなのですが、あんまりかわいくないのが玉に瑕…
しかし傷をともなう舐めハゲがだいぶひどかったので、一か月あまり着てもらいました。ずっとこのままでもいいかなと思っていたんですが、さらちゃんは尻尾の付け根にむかし腫瘍をとった手術あとがあって、そこらあたりが服でこすれて毛切れを起こしてしまっていたので、いまは昼間はいつものニャンピース・夜だけオールインニャンと、日夜着替えながら過ごしています。

輸液を二日に一度200tにしてから数値は標準の範囲内で推移していてなかなかいいかんじではあるのですが、冬場は寝てばかりいてご飯を食べるのをよく忘れるので、体重がすこし減ってしまいました。
2か月で3.95→3.75kg。にゃんたも亡くなる半年くらいまえから体重が少しずつ減っていたので、心配です。
とにかく食べて出して食べてもらわないと〜。

でもさらちゃんは寝てしまいます。
DumDHHQVYAAIPxH.jpg

人間の足をてっとりばやくあっためるために充電式湯たんぽを買ったら、さらちゃんが気に入ってしまって3日で奪われるはめに。いいよ、使えばいいよ…(写真の緑のものが湯たんぽです)
ちょうどいい柔らかさとあったかさなのか、あたためて近くに置くとだきしめて寝ています。
にゃんたと一緒にいたころを思い出すのかな〜。そして、湯たんぽがさめると怒って報告しにくるので、私はすっかり湯たんぽあっため係です。

例年の冬だと午前中は窓際でひなたぼっこなんですが、ことしは修繕工事の足場があって日光浴ができないので、湯たんぽでごきげんならそれでいい…
工期もあと半分なので、このまま平和にのりきってほしいです。

posted by アズミ at 00:11| Comment(0) | 猫グッズ着画

2018年10月02日

チャトラにゃん着画!

猫用エリザベスカラーお買い上げのk様から着用画像をいただきました!

201809_c_k.jpg

淡い茶トラもようが上品でかわいい小太郎ちゃんは5.5sだそうです。
お写真を頂いたとき、茶トラの猫ちゃんは大柄な子が多いといわれるのにスリムだな、毛色が淡いと違うのかな?と思ったのですが、体重が5.5sとうかがってやはり体はもともと大きめなんだろうなと思いました。
k様いわく「付けた感じは紐での調節なしでも締まらず、取れずで丁度良い」とのことです。

紺色の唐草もようをお買い上げいただいたのですが、毛色の上品さにぴしっとした紺色がよくお似合いです!
つけられて少々固まってしまいましたが、市販のものより楽なようだとのことで、今頃はもう慣れて動き回れるようになっているかもしれませんね。プラのものよりはるかに軽いことは確かですので、療養生活をらくに過ごせる一助になっていればと思います。

k様ありがとうございました!お大事になさってくださいね。

***

すごい台風が来るなど天候が安定しませんが、さらちゃんにはそれほど影響もなく元気です。
人間より気圧の変化に敏感なのか、これまでも台風がくるとグッタリしていたので今回の特別大きな台風、心配していたのですが、食欲の低下もそれほどなく。さらちゃんにしたら、天気がよくて外の足場でお兄さんたちがガチャンガチャンやっているほうが怖いのかもしれません。

とにかく修繕工事は早く終わってほしいんですが、悪天候のせいで少し遅れが出ているようで、気が気じゃない〜。もうじき網戸を外さないといけなくなるので、そうすると窓もあけられなくなるし。とにかく早く終わってくれることを祈るばかりです。


posted by アズミ at 10:33| Comment(0) | 猫グッズ着画