2018年02月04日

4sにゃん着画!

猫用エリザベスカラーお買い上げのS様から着用画像いただきました!
まんまるなお顔にちょっとだけ入った模様がチャーミングなクルルくんはもうすぐ8か月、体重4kgの男の子です。
前足がしっかり太くてりっぱな体格になりそうですね〜!

201802_m_srmr.jpg

去勢手術を前にカラーをお探しとのことで、水濡れや汚れを拭き取りできるラミネートタイプをお買い上げいただきました。
ちょっと濃いめのミルクティー色に、イエローグリーンがとても似合います! それに毛並みがとてもつやつやふっかふかで、撫でたくなってしまいますね! 大事にお世話してもらっているのがよくわかります。
短いお鼻にカラーの深さや開き具合がぴったりで、「あまり大きすぎず負担も少なそうです」とのこと。
ラミネートタイプは布製より少し重いのですが(約50g)、それでも市販のカラーの重量の半分以下ですので、快適にすごしていただけると思います。
手術まえに慣れていただいて、術後の療養期間を快適にすごしていただきたいです!
Sさまありがとうございました。どうぞお大事になさってくださいね^^

***

さらちゃん一時おちていた食欲も復活して元気です。

DSC_0989.JPG

老猫が元気になる=つい甲状腺を疑ってしまいますが、活動的になったかというとそうでもなく、寒さにやっと慣れてきた…?
去年もちょうどいまごろ健康診断てきな血液検査をしたので病院へ。
前回、心雑音が少しあるかもと言われたので心配していたのですが、今回はとくに雑音なし。

あと気になっていたことは、鼻のピンク色がちょっと薄くなってきたような…?
にゃんたは貧血がひどくなるにつれ耳や鼻や肉球のピンクがどんどん白に近くなっていたので、ちょっと不安。にゃんたにくらべればぜんぜん濃いピンクなので、治療を始めるほどではないと思うけど、元気なときの数値がどんなもんか見ておく意味でも検査の意味はあると思いますとのことでお願いしました。

DSC_1005.JPG

この日の夜が輸液の予定だったのでいちばん脱水が進んでいるタイミングです(さらの輸液は現在中2日で250cc)
HCT(赤血球の割合だったかな?)はおかげで少し実際より高い数値が出ているかもですが、いろいろ勘案しても問題ないでしょうとのこと。にゃんたがトイレでリキんでふらふらになっていたときは、20%を切っていたので、貧血についてはまだまだ大丈夫そうです。
ひとつ高値がありますがこれも問題なし。

今回はもうひとつ、にゃんたが猫神様のところに帰っちゃってから朝晩お線香をあげているので、さらちゃんの肝臓になにか影響が出ているかどうかも知りたくて去年とおなじ詳しい血液検査をお願いしました。
本猫の様子からはとくに悪いところはなさそうだけど、甲状腺も含めてその結果は来週なので、ちょっと待ちです。

このごろ少し思うのですが、人間でも老衰の場合、死因が多臓器不全と書かれることがあるようなのですが、にゃんたはまさにそうだったなあと。腎臓だけでなく膵臓にも影響が出て、食べないのはきっと胃腸に力がなくなったからで、それぞれが特別数値がひどいということはないけど、全体的に弱っていく。それが寿命ということなんでしょうね。
それを最後の最後まで、輸液やチューブ給餌で生きさせようとしたことを後悔してません。迷ったことはあったけど、にゃんたがお別れのまえとても幸せそうな様子だったので、それが全てのような気がします。
さらちゃんのとき同じようにするかといったら、さらとにゃんたは性格が全然違うので、わからない。でも学んだことは、いろんな数値よりやっぱり毎日みている様子がすべてなんだろうなということなので、たくさんコミュニケーションをとって、その時期がくるまでに、なにを望んでいるかわかるようにっておきたいなと思いました。
posted by アズミ at 11:27| Comment(0) | 猫グッズ着画

2018年01月17日

ラグドールお嬢さん着画!

猫用エリザベスカラーお買い上げのC様から着用画像いただきました!
ラグドールのベルちゃんは6ヶ月の女の子で、体重2.2kg・首回り21pです。
まだ若猫ちゃんなのに首回りがりっぱなサイズで驚きましたが、ラグドールは大きくなる種類なので、きっと骨格がりっぱなのでしょうね〜。
来月に手術を予定されているとのことで、予行演習もかねてお買い上げいただきました。

C.jpg

A.jpg

サイズはぴったりだったそうで、よかったです!
見たところまだまだ余裕がありそうです。女の子は男の子ほど大きくならない子が多いですので、大人になってもお使いいただけると思います^^

b1551afbf2ad555b8d47a973df336209c2f18901.jpg

ちょっとアンニュイ。
『まだ慣れが必要ですが、初めて首輪を付けた時のように最初は大騒ぎするものの、そのうち平気になってくれるんじゃないかと思います』とC様。緊張したお顔されてます^^;

ラグドールは毛色がやさしい色合いなので、猫種をおききしたときこのペールピンクの北欧馬柄がきっと似合うだろうなと思っていたら、ズバリこちらの柄を選んでくださったので、私もとてもうれしかったです。
毛並みがふわふわ、手足やしっぽまでふさふさで、お姫さまのようですね〜!青い目が上品でかわいらしい猫ちゃんです。
やわらかく軽いカラーですので、予行演習でつけ慣れていただいて、術後の回復期間を自然体ですごしていただけると良いなあと思います。
Cさま、ありがとうございました!^^

***

我が家のさらちゃん18歳は無事年を越せました。
年末25日の検査の結果は、CREA3.1→3.0 BUN35→38 と、月初にくらべて少しBUNが高値でしたが、病院いく少し前にご飯を数粒つまみ食いしていたのを知っている…ので、まあ心配ない範囲です。
気圧の変化に人間よりも敏感なようで、天気が急に悪くなったり気温が急に下がったり、寒暖差がはげしくなったりすると、猫ベッドから出てこない&ごはんを気まぐれにしか食べない になりますが、なんともないときは普通に食べるので、それならまあ良いかな、と思っています。

さらは腎臓療法食をずっと食べてますが、アレルギーが出てしまってヒルズ・ロイカナ・ドクターズケアは食べられません。(痒みが出てしまうので)
いまはイースターの腎ケアをあげてて、これが味が二種類あるのでこれだけです。カリカリ派でウェットは食べたことほぼない子です。
以前アレルギーが発覚したときは、食べられるフードを求めてアニモンダとフォルツァ10の腎臓ケア食を試してみて、二つともアレルギー出なかったのでこれも候補ではあるんですが、先生によるとこの二つは療法食という扱いではない…ってことなので、ちゃんとした療法食が食べられる間はそれでいこうと思ってます。
でもこの間みたいに、急に食べなくなることってあるかもしれない、と思って、食べられなくなる=にゃんたの晩年をどうしても思い出してしまうので、病院で買える腎臓用のウェット食を片っ端から1缶ずつ買い求めてきました。
先生によると、腎臓の療法食はおいしくないので、食いつきという意味では決してよくないと思う…だそうですが、ウェットにはほら!魔法のちゅ〜るをピャッとかければすべてが解決するような気がとてもする。
にゃんたの遺産のちゅ〜るもまだあるし、にゃんたの遺産は、けっこう保護猫シェルターに寄付したけど、キドナを一箱隠し持っているし、これでごはん問題は対策準備ととのった。という感じです。
準備なんて不要であるにこしたことないですが、いつなにがあっても出来るだけのことを十分してあげられるようにしておきたい。

しかし、ウェットフードをご飯だって認識してくれるかなあ。ちゅ〜るがあるし大丈夫か。(ちゅ〜る神話の信者)
posted by アズミ at 21:16| Comment(0) | 猫グッズ着画

2017年12月23日

4.8kgにゃん着画!&6.8kgにゃんは…?

猫用エリザベスカラーお買い上げのY様から着用画像いただきました!
4.8kgのおふくちゃんは、白黒もようの女の子です。さっそくつけてみたところ、顔のあたる部分が布なのとやわらかいのがよかったのか、そのまま寝てしまったとのこと。
その、いままさに寝てしまったショットをいただきました!

201712_c_yk.jpg

なんとも平和な寝姿で、こちらまでうれしくなってしまいます。
胸のあたりの毛並みがふわふわで、大事にお世話していただいているのがわかります。撫でたくなってしまうかわいさです。
お買い上げのカラーは北欧っぽい馬(ダーラナホースというらしいのです)の柄で、地の色も北欧!って言う感じのなんともいえない味のあるペールピンクなのですが、猫ちゃんが白黒はっきりシンプルもようなので、とてもよくお似合いです。

Y様宅には6.8kgのおすねこちゃんもいらっしゃるとのことで、「着けてみたところちょっと小さいようでした」とのことでした。
6.8kgもあると、きっと体格がもともと大きな子だと思いますので、頭が通るか心配です。そして、長さもきっと足りないと思うのですね〜。すみません^^;

Y様、ありがとうございました! おふくちゃんお大事になさってくださいね。早く回復されますよう願っております!

***

猫用エリザベスカラーのサイズが1サイズしかないというのはちょっと問題かなあと、以前から考えてはいるのですが、大柄なモデル猫がいないので、なかなかサイズ検証が難しく、実現に至っていないのですね〜。

頭が通れば長さはのばせる…というのは、頭が通らない場合、周径そのものを広げる必要があり、そうすると開きの具合など多くの検証をしなければならないので、モデル猫がいないと難しいのですね。
長さだけなら、+4pまで伸ばすことができます。ただ、長さが伸びると重量が増える(ほとんど芯の重さですが、4p延ばすと重量は倍になりました)のと、場合によっては強度を担保するため素材変更が必要です。
重量のアドバンテージはわりとなくなってしまうのですが、布で作ることのメリットである肌当たりのやわらかさと柄のかわいさ(´∀`*)はありますので、いちどご相談いただければと思います。

友人宅の猫が8kgの大猫だったので、モデル猫をお願いしようと思っていたら、なんと要ダイエットで体重が半分になったらしく、ほんとはそれほど大柄ではないと判明(´ω`;)MIXですが長毛なのできっと洋猫まじりで大きいのねって思っていたのですが、だいぶ毛とおにくだったようです。
女の子ですと、6kg猫ちゃんに試着してもらったことがあります。大丈夫そうな感じだったのですが、女の子はどうも男の子よりお顔そのものが一回り小さい気がするので、そのおかげもあるのかも。
よい出会いを待ちたいところです。

急に寒さが厳しくなった先週、さらちゃんは食欲ががたっと落ち、夜になってもごはんのほとんどが残るように。
手であげると少し食べる・食べてから頭を振って吐き出すなど、様子がにゃんたが食べなくなったときと似ていたので心配したのですが、どうやら寒くて昼間ずっと猫ベッドにこもっているせいかお腹が減るタイミングが変わっただけのようで、3日ほどで持ち直した。
よかったー!

見た目からはわからないけど(服きてるし…)18歳を過ぎているので、いつなんどき何があってもおかしくないけど、やっぱり少しでも長く一緒にいたいので。できることは限られているんだけど、精いっぱいお世話させてもらって、一緒にいられる時間を大事にしたいと思います。
それにしても、普段食欲魔猫なので、ちょっと食べなくなるだけですごく心配してしまいます。仕方ないw
posted by アズミ at 01:08| Comment(0) | 猫グッズ着画

2017年12月10日

片面ガーゼでパジャマ&100均編み機

Tシャツとかトラックジャケット程度のものは縫っていたんですが、そもそも着るものがなくて縫ったので、UPするより先に着たり洗濯したりしてしまってなかなか見せられるようなものがなく。
見せられるようなものかというと、これもまたこのところの寒さに耐えられず、ズボンだけ先に縫って着ちゃったので、上だけですが。しかも寝巻だし寒いしクオリティはこのさい問わない…!的な出来なので、部分ですが。
でも寒いというほかに、作った意味はあるんだ!

DSC_0984.JPG

表がネル生地、裏側がガーゼキルト生地です。ガーゼキルトは片面なので、ネルと重ねたまま裁断してぐるりとロックかけた。
超あったかいです。

それで意味とはなにかというと、さかのぼること五年くらい前に岩本町ファミリーバザールでキルトパジャマ買ったのです。キルトパジャマ初体験であったかさに感動した。
でも、このキルトパジャマが曲者で、市販のキルトパジャマってたいてい表が綿100でも裏面はポリ混なんですよね。ポリだったかな?とにかく化繊で、肌にこすれる部分に毛玉ができるわけですよ。
でも気にせず着ていて、だんだんかゆみが出て、ジンマシンが出るようになり、ある日突然毛玉スポットにかゆみが出ることに気付いて毛玉切ったらそこはかゆくなくなった。(じんましんは今でも出ててまだ薬飲んでる)
で、まあパジャマの毛玉が原因とわかってしまったのであったかさを手放さざるを得なくなり、しかしあきらめきれなくて、裏生地に化繊が混じってないパジャマか生地を探していたけど何年も見つからず…
でもある日楽天のニット工房さんで、ベビー用品の工場から仕入れたという片面綿100のガーゼキルトを発見!
生地幅が狭い(88cmくらい)し、パジャマの用尺5メートルって言うし、なによりこれを逃がしたらもう見つけられないかもしれないしで10メートルくらい買った。
ベビー用品の工場から出るくらいだから、肌当たりは間違いないだろうと思って。正解でした!

型紙はこれ。
download.jpg
サンデーソーイング もめんのかんたんふたりのパジャマ
ブックオフで前に150円で買ったけどものすごく役立っています。

Mサイズで用尺110cm幅で435cm。でも差し込み裁断したので110cm幅でネルは3.5Mくらいで済んだ。キルトは幅狭かったので5mくらい使ったと思う。
とにかく机に向かってると膝が寒いので、膝に中綿があると違うな〜!キルトの余ったはじっこで、膝ウォーマーでも作ろうかな。

あとさいきん100均で編み機?を発見したのをきっかけに、かんたん編み物にはまっています。リリアンみたいなやつ。
ダイソーの『毛糸deリリアン』の円形のを買って、レッグウォーマーでも作ろうかなと思ったんですが、ちょっと出来あがりが細かったので、セリアでマフラーニットメーカーを買い直してマフラー編まずに輪編み。
セリアのはピンの数が6本多いので、そのぶん直径広くできるはず。

DSC_0983.JPG

こういうメリヤス編みできる系の編み機は、海外などでニッティングルームとして人気なようで、編み方を工夫すると二目ゴム編とかできるようなので、見よう見まねでやってみた。
それっぽい。
糸は100均の並太くらいの糸ですが、試し編みが極太糸でも編地スカスカだったので、並太2本取りにしてさらに細糸2本引きそろえて4本取りです。このコーンの細糸は、出かけた先の雑貨屋さんで工場残糸がなぜか売っていたので買った。詳しいことわからないけど、ちゃんと毛混です。すごい量に見えるけど芯込で130gずつくらいでした。でも細いから長さは相当あるだろうな〜。
この雑貨屋さんでは、浮かれてたくさん毛糸買ってしまった。極細モヘアとか!どうする。リリアンで編めば太くなって何かにできるかな。太くして織って小物作っても変わったのができそう。

しかしブログとか検索すると、みんな数時間で何々が出来た〜とかいうけど、数時間では全然できないよ…?
面倒なことやってるからかもしれないけど、なかなか進まない。まあ寒いうちにできればいいか。

さらちゃんは寒いです。猫ベッドからほぼ出てこない。
DSC_0976.JPG

首ハゲ問題は、まだ旧モード服でしのいでます。さらちゃんごめんよ〜。
posted by アズミ at 22:41| Comment(0) | 洋裁

2017年12月05日

キャリーイン猫ベッド着(?)画!

キャリーイン猫ベッドお買い上げのT様より着画いただきました!
猫ベッドだから着画ならぬ使用画…? 便宜上、着画で統一させていただきます^^;
写っていませんがシッポまでもふもふご立派なシナモンちゃんは、きれいな青い目に撫でたくなっちゃうようなふさふさのミルクティー色の毛並みがすてきな、6kgの大き目にゃんです!

201712_m_hjmmm1.jpg

T様はこの猫ベッドとIKEAのDUKTIGベッドを同時にご購入されたとのことで、猫ベッドよりIKEAのベッドのほうが到着が遅かったため、こちらのベッドをさきにお試しいただいたとのことで、そのお写真も見せていただきました。
シナモンちゃんがちょっと大柄なので、入るかな?と少し心配だったのですが、ボタンをとめた瞬間本猫ちゃんからスポっといってくれたとのことで、さっそく気に入ってくれて&無事入れて一安心でした!
さきにそうやって使っていただいてたので、あとから届いたIKEAのベッドに乗せても上手に入れたのかもしれませんね。

シナモンちゃん『体が大きいので、頭から入ったあと、中で回転するのがなかなか狭そうながらなんとか入っています』とのこと。お写真みてもご機嫌そうでよかったです!

ベッドの色合いがシナモンちゃんの毛色にも合って、あたたかそうです。ぜひ寒い季節をあたたかくのりきっていただけたらと思います!
T様ありがとうございました!

***

我が家のさらちゃんは病院に行きました。
病院にいく一時間ほどまえ、ちょびっとご飯をつまみ食いしてたの見た。
12/1 BUN41→35 CREA3.6→3.1
ご飯たべちゃったからBUN上がるかな? と思ったけど、数値改善していました。

前回病院に行ったあたりでは、あまり心配ない感じではあったけど頻繁に吐いてたのでちょっと心配だったのですが、11月に入って一週間くらいしてピタッと吐くのが止まったので、まあ悪くなってはいないんだろうなと思っていたのでだいたいそのとおりです。
すると前回BUNが上がって吐いてたの、やっぱり気持ち悪さがあったのかなあ。わからないです。
にゃんたがご飯食べられなくなったときのBUNが68で、68って数字だけ見れば他の腎不全勇者猫先輩諸氏にくらべたら全然たいしたことないんですが、それでもにゃんたはごはん無理くらい気持ち悪かったんだもんな、と思い出すと、標準値こえたら気持ち悪くなって吐いたりしちゃうものなのかなあとも思えます。
でもとくに、変わった様子ないんだよな。ほんと。
まあ標準ギリギリではあるけどよくなったので、維持できていると考えて輸液は現状ママです。

それより問題は、猫服を着続けていることで、ついに首のまわりの毛が薄くなってきてしまったー!
前回秋のニューモードを作ったときに替えたハンズの織ゴム、いいと思ったんですが、実際いいんですが、猫毛に対して化繊ってほんとだめなんだなって思いました。このゴム丈夫なのでかなりゆるめにしたんですが、どうしても端が当たるところの毛が切れる。
いまネットでも猫服売っていますが、化繊のボアとかの服ぱっとみあったかそうですが、猫毛には絶対によくないです。化繊は薄毛になります! ボアなどもってのほか! 経験者は語る。
また型紙を変えて素材を変えてみないといけないのかな〜。と思って、いくつか型紙をひいてみましたが、どうもうまくいかない…。
でもこのまま放っておいたらハゲが進行しちゃうので、しかたなく、2シーズン前くらいに作った猫服(首のとこはゴムやリブを使わず、パイピングしただけ版)を着せたら、いいかんじに首のあたるところがズレてなんとかおさまりました。
パイピングのみだと、時々襟首のとこから腕が出て(!)いることがあるので、安全性を考えたら襟はゴムにしたいんだけどな〜。仕方ないです。
こうやって思わぬ問題が出て、以前のが使えることあるから、古い猫服も捨てられないのよね〜。

エリザベスカラーもちょっと試したんですが、さらはもう猫服に慣れすぎて、カラーだとしょんぼりがひどいし、もう気を紛らわしてくれるにゃんたもいないし…であまりにも落ち込んじゃったので、結局服に戻りました。
一時的なことならカラーで我慢してもらうけど、さらは輸液を続けるかぎり服を着ていなくてはいけないので、結局着続けても具合のいい服を開発するしかないわけです。
今回病院いったときに、先生に、「さらの他に輸液してる子で、輸液の針あとを気にして舐めキズにしちゃう子っています?」って聞いてみたけど、「いや、この子だけですね…」って言ってた。だよね。
同じような経験のある人がいたら情報交換したいけど、ネットでもなかなか見かけないくらいなので、ほんとにレアなんでしょうね。
ゴールは遠いなあ〜。頑張ろっと。
posted by アズミ at 21:23| Comment(0) | 猫グッズ着画