2017年12月05日

キャリーイン猫ベッド着(?)画!

キャリーイン猫ベッドお買い上げのT様より着画いただきました!
猫ベッドだから着画ならぬ使用画…? 便宜上、着画で統一させていただきます^^;
写っていませんがシッポまでもふもふご立派なシナモンちゃんは、きれいな青い目に撫でたくなっちゃうようなふさふさのミルクティー色の毛並みがすてきな、6kgの大き目にゃんです!

201712_m_hjmmm1.jpg

T様はこの猫ベッドとIKEAのDUKTIGベッドを同時にご購入されたとのことで、猫ベッドよりIKEAのベッドのほうが到着が遅かったため、こちらのベッドをさきにお試しいただいたとのことで、そのお写真も見せていただきました。
シナモンちゃんがちょっと大柄なので、入るかな?と少し心配だったのですが、ボタンをとめた瞬間本猫ちゃんからスポっといってくれたとのことで、さっそく気に入ってくれて&無事入れて一安心でした!
さきにそうやって使っていただいてたので、あとから届いたIKEAのベッドに乗せても上手に入れたのかもしれませんね。

シナモンちゃん『体が大きいので、頭から入ったあと、中で回転するのがなかなか狭そうながらなんとか入っています』とのこと。お写真みてもご機嫌そうでよかったです!

ベッドの色合いがシナモンちゃんの毛色にも合って、あたたかそうです。ぜひ寒い季節をあたたかくのりきっていただけたらと思います!
T様ありがとうございました!

***

我が家のさらちゃんは病院に行きました。
病院にいく一時間ほどまえ、ちょびっとご飯をつまみ食いしてたの見た。
12/1 BUN41→35 CREA3.6→3.1
ご飯たべちゃったからBUN上がるかな? と思ったけど、数値改善していました。

前回病院に行ったあたりでは、あまり心配ない感じではあったけど頻繁に吐いてたのでちょっと心配だったのですが、11月に入って一週間くらいしてピタッと吐くのが止まったので、まあ悪くなってはいないんだろうなと思っていたのでだいたいそのとおりです。
すると前回BUNが上がって吐いてたの、やっぱり気持ち悪さがあったのかなあ。わからないです。
にゃんたがご飯食べられなくなったときのBUNが68で、68って数字だけ見れば他の腎不全勇者猫先輩諸氏にくらべたら全然たいしたことないんですが、それでもにゃんたはごはん無理くらい気持ち悪かったんだもんな、と思い出すと、標準値こえたら気持ち悪くなって吐いたりしちゃうものなのかなあとも思えます。
でもとくに、変わった様子ないんだよな。ほんと。
まあ標準ギリギリではあるけどよくなったので、維持できていると考えて輸液は現状ママです。

それより問題は、猫服を着続けていることで、ついに首のまわりの毛が薄くなってきてしまったー!
前回秋のニューモードを作ったときに替えたハンズの織ゴム、いいと思ったんですが、実際いいんですが、猫毛に対して化繊ってほんとだめなんだなって思いました。このゴム丈夫なのでかなりゆるめにしたんですが、どうしても端が当たるところの毛が切れる。
いまネットでも猫服売っていますが、化繊のボアとかの服ぱっとみあったかそうですが、猫毛には絶対によくないです。化繊は薄毛になります! ボアなどもってのほか! 経験者は語る。
また型紙を変えて素材を変えてみないといけないのかな〜。と思って、いくつか型紙をひいてみましたが、どうもうまくいかない…。
でもこのまま放っておいたらハゲが進行しちゃうので、しかたなく、2シーズン前くらいに作った猫服(首のとこはゴムやリブを使わず、パイピングしただけ版)を着せたら、いいかんじに首のあたるところがズレてなんとかおさまりました。
パイピングのみだと、時々襟首のとこから腕が出て(!)いることがあるので、安全性を考えたら襟はゴムにしたいんだけどな〜。仕方ないです。
こうやって思わぬ問題が出て、以前のが使えることあるから、古い猫服も捨てられないのよね〜。

エリザベスカラーもちょっと試したんですが、さらはもう猫服に慣れすぎて、カラーだとしょんぼりがひどいし、もう気を紛らわしてくれるにゃんたもいないし…であまりにも落ち込んじゃったので、結局服に戻りました。
一時的なことならカラーで我慢してもらうけど、さらは輸液を続けるかぎり服を着ていなくてはいけないので、結局着続けても具合のいい服を開発するしかないわけです。
今回病院いったときに、先生に、「さらの他に輸液してる子で、輸液の針あとを気にして舐めキズにしちゃう子っています?」って聞いてみたけど、「いや、この子だけですね…」って言ってた。だよね。
同じような経験のある人がいたら情報交換したいけど、ネットでもなかなか見かけないくらいなので、ほんとにレアなんでしょうね。
ゴールは遠いなあ〜。頑張ろっと。
posted by アズミ at 21:23| Comment(0) | 猫グッズ着画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。