2018年03月03日

おくつろぎ着画!

猫用エリザベスカラーお買い上げのお客様から着用画像いただきました!
画像があまりよくないので…と掲載はあまり気が進まれないようすだったのですが、くつろいだ様子がよくわかるとてもうれしい、良いお写真だったので、匿名でということで掲載させていただきました。

1c762d9f5b02ef85a510a7a17e6442e0e3159527.jpg

8349d10419c44353d096bb222c56d19875fc1237.jpg

97885e8323201d65a88e5a414cc9a87eb7f95973.jpg

お気に入りのソファの下でリラックスされているようすがすごく伝わってきます!
病院の硬いカラーで首に傷がついてしまったとの旨メッセージをいただき、猫ちゃんのみならず飼い主さんもつらい思いをされているのを知りましたので、カラーが届いたあとこのお写真を送っていただいて本当にほっとしました。
首に傷がつくほど…ということは、たぶん硬いカラーを装着して歩いたとき、身幅がわからなくて家具や柱にカラーを正面からぶつけてしまい、エッジの部分が首に傷をつけてしまったんだろうと思います。
でも、猫ちゃん本人には理由がわからないですもんね。
ご家族みなさんで心配されておられ、このカラーが合って問題が解決できたことでとても喜んでいただけ、私もお役にたててよかったなあと思いました。
ありがとうございました! お大事になさってくださいね^^

こういったケースで、硬いカラーをどうしても使わざるを得ないような場合は、カラーの首に当たるヘリの部分にTシャツの切れ端や、戸のすきまに貼るスポンジテープなどを貼ってみると急場しのぎになるかと思います。
ただ、スポンジテープもそうなのですが化繊の素材は猫毛と相性がよくないので、摩擦でそこだけ毛が切れてしまったり、ハゲてしまったりするので、スポンジテープを貼るならその上からTシャツのはぎれでスポンジ部分をくるんであげるといいかと思います。お困りのかたはお試しください。

---
さらちゃん春眠です。

DXP2xdQUQAAYxUE.jpg

猫のひなたぼっこスペースになっている窓際は、(断熱窓でないので)冬は寒いため、エコ窓を作って嵌めてしまうので、日向ぼっこしたくても定位置にいけない…ということが多々あり、かわいそうでしたので、まだ少し寒さは残るもののエコ窓外しちゃいました。
中にいる人間は、正直窓から冷気が来てさむい。
でもさらちゃんは幸せそうです。万事OK。

先月の検査の結果も、とりたてて気になるような数値はなく、慢性腎不全の高齢猫としてはなかなか優秀な維持っぷりです。膵臓の値(リパーゼ)が少し高く62でしたが、そもそも去年の同時期は74だったので、維持できていると見てさしつかえなさそうな。
とにかくさらは、針の刺激に過敏なので、輸液の回数を増やさなくて済むうちは増やさないでおいてあげたいので、よかったことです。

haru.jpg

春モードの服もできました。
さらちゃん今年19歳で、19歳はにゃんたの享年でもあるので、あと何着服を作ってあげられるのかな〜と、どうしても考えてしまいますね。でも、そう思いつつも、かわいい生地を見つけるとさらちゃんに…と思って買い込んでしまいます。たのしい。
posted by アズミ at 17:33| Comment(0) | 猫グッズ着画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。